Announcements

アナウンスメント

環境問題の取組みにご興味がある企業様へ 持続可能なCO2排出削減商品(廃プラ再生材のごみ袋)のご案内

2021.09.13

FUROSHIKIは、使用済みの廃プラスチックから作られた99%再生材ごみ袋です。

企業からゴミとして排出された廃プラスチックを回収して、再生材ごみ袋として循環させることで、プラスチックの新たな生産・利用を抑制し、ごみ袋使用量に応じたCO2排出量の削減を実現します。 ごみ袋を使うことが身近な環境貢献活動となり、SDGsへの貢献、サーキュラーエコノミー へとつながります。



■ 商品概要
商品名: FUROSHIKI
原料:ポリエチレン(99%再生材使用)
使用用途:ごみ袋
◆『FUROSHIKI』は使用済みプラスチックを99%使用しています。
◆『FUROSHIKI』は原料の調達から製造の全てを国内で行なっております。

商品 サイズ(厚さ) 枚数 再生プラ使用量 CO2排出削減量

FUROSHIKI
(半透明)

45リットル(0.03mm) 

200枚

約6kg

約18kg

45リットル(0.03mm) 

500枚

約15kg

約45kg

70リットル(0.03mm) 

300枚

約12kg

約36kg

70リットル(0.05mm) 

150枚

約9.5kg

約30kg

90リットル(0.03mm)

200枚

約10kg

約32kg

90リットル(0.05mm)

100枚

約9kg

約26kg

120リットル(0.03mm)

200枚

約13kg

約40kg

FUROSHIKI
(青色)

45リットル(0.03mm) 

500枚

約15kg

約45kg

70リットル(0.03mm) 

300枚

約12kg

約36kg

90リットル(0.03mm)

200枚

約10kg

約32kg

FUROSHIKI
(黄色)

45リットル(0.03mm) 

500枚

約15kg

約45kg

70リットル(0.03mm) 

300枚

約12kg

約36kg

90リットル(0.03mm)

200枚

約10kg

約32kg


お問い合わせ・お見積り
TEL 0774-63-7155
受付時間:平日(月~土)9:00〜18:00
宛先 info@homekern.co.jp

ホームケルン株式会社 ecoヴィレッジ
〒610-0343京都府京田辺市大住池島48番地の1 TEL.0774-63-7155 FAX.0774-63-7156

年賀状廃止のご案内

2021.11.12

平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

この度当社グループでは、近年の省資源化による環境負荷低減やデジタル環境への移行推進の観点から、2022年より年賀状によるご挨拶を控えさせて頂く事といたしました。

何卒ご理解を賜りたく、お願い申し上げます。

これからも皆様への感謝の気持ちを忘れず、循環型社会の形成に貢献できるよう努力を重ねる所存です。

今後とも変わらぬご厚誼を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

祇園祭ごみゼロ大作戦の出発式に協賛企業として弊社専務国本が参加しました

2021.07.14

7月14日に行われました祇園祭ごみゼロ大作戦の出発式に協賛企業として弊社専務国本が参加しました。
写真は、祇園祭山鉾連合会大嶋副理事長と門川京都市長、関係者、初日シフトのみなさまとの、 出発式記念撮影の様子です。

永年勤続者表彰

2021.01.18

 

 1月18日、当社ecoヴィレッジにおきまして、永く働き続けてこられたことに敬意と感謝を表し永年勤続者表彰を行いました。

 20年以上3名、10年以上6名の合計9名の従業員が表彰を受け、それぞれに金一封が贈られました。

祗園祭ごみゼロ大作戦2020

2020.07.15

 

 去る7月15日開催されました「祗園祭ごみゼロ大作戦2020」に本年も協賛企業として弊社専務国本が参加いたしました。

 初日にあたる当日は、本部のある京都市中京区の御射山公園におきまして、まず、ごみゼロ(清掃活動)のレクチャーがあり、続いて門川大作京都市長、木村幾次郎祇園祭山鉾連合会理事長の激励のご挨拶がありました。その後、多くのボランティアスタッフによる清掃活動が開始されました。

 新型コロナウイルスの拡散防止のために山鉾巡行などの行事が大幅に縮小したこともあり、ごみゼロの活動内容も変更され、スタッフが感染予防をしながら2日間にわたり鉾町をすみずみまでクリーンアップする活動が行われました。

公益財団法人 京都府産業資源循環協会 第8回定時総会

2020.06.05

去る6月5日に開かれました公益財団法人京都府産業資源循環協会の第8回定時総会におきまして、弊社の営業部 藤生勇がその職務功績を称えられ、表彰を受けました。

産業廃棄物処理施設安全パトロール

2019.10.10

 10月10日、日頃お世話になっています(公社)京都府産業資源循環協会の安全衛生委員会様、および中央労働災害防止協会(中災防)の安全管理士様にご来社いただき、当社の労働安全衛生活動の内容について巡視していただきました。

 当社の中間処理施設では、危険を伴う作業をする従業員の安全帯の徹底、出入口付近の表示、コンベアや圧縮機の操作手順、機械の緊急停止手順が確立されていること、フォークリフト、破砕機の操業ルールが確立していること等、当社の労働安全ルールに一定の評価を頂戴しました。他方、車両と従業員との通行場所の区分、施設内死角・危険箇所の再確認、コンベアの隙間等、働く人に対する危険箇所への改善点を具体的にご教示いただき、今後の安全衛生活動にとって大変有意義な内容となりました。

令和元年 京都府総合防災訓練に参加しました。

2019.09.01

 

9月1日、村田機械総合グラウンド(長岡京市東神足1丁目12)において、令和元年度京都府総合防災訓練があり、当社は、所属団体からの委託により車両展示に参加しました。今回の訓練では、乙訓地域における直下型地震及び豪雨によって発生する水害等の複合災害を想定して行なわれました。当社からは、災害時のごみの撤去・運搬に有用であるアームロール車、ユニック車の展示を行い、公用車となる場合の連携を確認しました。

グループ全体会議・懇親会を開催しました。

2019.08.31

 

8月31日、宇治市内の会場において、当社グループ全体会議・懇親会が開催され、顧問、従業員等の総勢90名が集いました。

会議では、まず、当社専務取締役から開会挨拶があり、グループ理念である“共生と再生”環境を通じた社会貢献等が述べられ、続いてグループの行動指針、新体制・人事の発表、管理者へ辞令交付が行われました。次に、日頃お世話になっている各顧問からご挨拶を頂戴し、最後に、当社管理部部長から廃棄物処理業界・働き方改革等の内外現状分析、今後の取組の発表で締め括られました。

会議後の懇親会では、食事をしながら楽しい歓談のひとときを過ごし、新しい従業員の紹介や従業員への永年勤続表彰・記念品授与を行いました。表彰された従業員のスピーチでは、感謝の言葉や今後の抱負が述べられ、会場は盛り上がりを見せました。